HOME > 取扱商品・サービス > 木の家設計/長期優良住宅

木の家設計/長期優良住宅

木の家設計(グループ会社)によりサポート 木の家設計

平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に伴い、国をあげて寿命の長い住宅の普及・支援がはじまりました。
長期優良住宅とは、構造や設備が長く使用できる仕様となっている住まいのことを指し、長期にわたり使用することで、住宅の解体に伴う廃棄物の排出を抑制、環境への負荷を低減するとともに、住宅に対する負担を軽減し数十年経っても資産価値を高めていく住まいのことです。
耐震性・耐久性能(劣化対策)・維持管理・住戸面積 ・省エネルギー性・居住環境・維持保全等から一定の基準を満たした認定長期優良住宅は、税制面での優遇などを受けられます。

さまざまな利点を持つ「長期優良住宅」を推進して売り上げを倍増させましょう!!

長期優良

「長期優良住宅建築等計画認定」申請のサポートについて

長期優良住宅の建築をお考えの場合は、「長期優良住宅建築等計画認定」にかかわる技術審査を受け、行政庁から認定を受ける必要があります。
ムラチでは「長期優良住宅建築等計画認定」申請の際に必要な、書類作成などのサポートを行っています。主なサポート内容としては、構造計画書の作成、必要図面の作成や加筆、申請書の作成などです。当社では長年にわたる性能評価認定のサポート実績があり、様々なノウハウを有しております。皆様が気軽に長期優良住宅認定取得へ取り組めるよう細やかなサポートをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

●「長期優良住宅」設定について
「長期優良住宅」設定について

●各申請業務関連フロー
各申請業務関連フロー

長期優良住宅のメリットについて

●所得税の住宅ローン控除
居住開始年が平成25年であれば、控除対象限度額が一般住宅なら2,000万円のところ、長期優良住宅なら3,000万円となります。10年間の最大控除額は一般住宅なら200万円のところ、長期優良住宅なら300万円となります。
●所得税の投資型減税
標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。また、控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。
●登録免許税
所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。
●不動産取得税
一般住宅であれば1,200万円の控除ですが、長期優良住宅であれば1,300万円の控除となります。
●固定資産税
固定資産税は、一般住宅であっても1/2に軽減されているのですが、軽減期間が3年のところを5年となります(一戸建ての場合)。マンションであれば、5年のところが7年となります。

また、フラット35S(住宅ローン)において金利優遇を受けられるメリットもあります。

「長期優良住宅」に必要な条件

  • ・耐震性に優れている家であること
  • ・耐久性能(劣化対策)が施されており構造や骨組みのしっかりしている家であること
  • ・維持管理が容易であること
  • ・必要な広さが確保された家であること
  • ・省エネルギー性に富んだ家であること
  • ・維持保全管理が正しくされており住宅履歴情報の整備されていること

ハウスプラス住宅保証株式会社

▼商品・サービスに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら